【速報】パレスチナ・ヨルダン渓谷:相次ぐパレスチナ人の逮捕・イスラエル軍の村への立ち入り(2010/05/01)

2010年4月30日早朝3時頃、パレスチナ・ヨルダン渓谷のジフトリーク村の家にイスラエル軍が押し入り、パレスチナ人の住民を一人を逮捕しました。

同日午後現地を訪れると、村の逮捕者の家の前にイスラエル軍および国境警察ののジープが何台も入り込み、村人たちが数百メートル離れた場所で様子を見守っています。現地にさらに近づくと、逮捕者の家の敷地の一角をショベルカー等で深く掘り下げ穴を掘っていることがわかります。実際にそこに危険な何かがあるという風情ではなく、いやがらせのために人々を追い出してひたすら穴を掘っているように見えます。

このイスラエル軍のすぐそばで、数名の外国人が写真やビデオを撮っていました。最初はパスポートを見せ撮影をしてよいことになってはずなのに、その外国人のうちの二名がとり囲まれ、事実上拘留された状態で「カメラを出さないと逮捕するぞ」という脅しの下、、カメラを没収されれるという事態が発生しています。

夜になる前にイスラエル軍はジフトリーク村から撤収し、村人たちが村の中に戻っていました。28日、マスキオット入植地の武装入植者が、すぐ隣のアルマーレに住んでいる遊牧民を追い出し、無理矢理境界線をつくったという事件がありました。遊牧民は避難した状態がひきつづき続いています。遊牧民とその支援者たちが行った抗議行動の中で、パレスチナ人支援者の一人が逮捕されています(現在釈放されています)。

なお、28日にイスラエルジープによって、故意ではないとされているものの、二人のパレスチナ人の子どもがひき殺されました。5歳と10歳の女の子の姉妹です。30日の夜に弔問に訪ねたところ、多くの住民がひっきりなしに訪れていました。

広告
カテゴリー: ニュース記事2010年 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中