ヨルダン渓谷在住のパレスチナ住民によるJICAのプロジェクトに関する意見

パレスチナの平和を考える会のメンバーが、95%の土地がイスラエルによる完全支配下に置かれているヨルダン渓谷のパレスチナ人の農村で村長と住民から、JICAのプロジェクトに関する意見を聴取しました。この資料は、2010年5月21日に開かれた≪5・21ガザ虐殺を繰り返させないための院内集会≫で配布したものを公開用に修正したものです。

ヨルダン渓谷在住のパレスチナ住民によるJICAのプロジェクトに関する意見(PDFファイル)

広告
カテゴリー: 現地調査 タグ: , , , パーマリンク

ヨルダン渓谷在住のパレスチナ住民によるJICAのプロジェクトに関する意見 への1件のフィードバック

  1. 山口善彦 より:

     以前から、パレスチナ情報センターで発信されるいろんなブログは拝見していますが、このブログは今日始めて読ませていただきました。
     仲間に開発に関わっているものがいます。物理的に支援することと占領を止めさせる方向で活動することは、背反するものではないと思いますが、そしてどちらに比重を置くかは人によると思いますが、私個人としては後者に比重を置くべきと考えます。それには何よりも情報です。
     このブログで発信されるようなパレスチナの実態の情報は貴重だと思います。
    これからも引き続き拝見して、いろんな情報を共有させていただきたいと思います。
     1人でも多くの人に広められれば、と思います。
     よろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中