ファリシーヤ村の水パイプ復旧プロジェクト続報

2010年6月12日、パレスチナ自治政府の農業大臣がファリシーヤ村でイスラエル軍によって水パイプを破壊された農民が所有する農地(C地区)を訪問し、水パイプの復旧プロジェクト等を視察しました。

すでにこの農地には水パイプによってアイン・アル・ベイダ村から水が届けられています。近いうちに、周辺のベドウィンの住民たちもここに届く水が使えるようになります。

パレスチナ自治政府の農業省がこの農地の所有者の農民に、70本のナツメヤシの木を供与してくれました。将来、これらの木に実ったナツメヤシが出荷される日が来ることになるでしょう。農民の男性は非常に喜んでいます。

カテゴリー: ニュース記事2010年 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中