マスキオット入植地が道路の建設を始める

2010年10月14日(木)

この数日、ヨルダン渓谷北部にあるマスキオット入植地は、新たな道路の建設をしている。彼らは、最近建設した住宅の周囲で、まず始めに、ブルドーザーで土地を整地し、新しい道路を作っている。

マスキオット入植地はアル・ファリシーヤというパレスチナ人の村の隣に位置している。この村はイスラエルのブルドーザーによってこの7月に二度、家屋破壊を被っている。

アル・ファリシーヤ村は4つの入植地:マスキオット、ギヴァット・シャリート、ロテム、メホラによって周囲を囲まれている。

これは、過去2、3日に始まった入植地建設の動きである。同様のインフラ工事が数日前にメホラ入植地でも始まっている。

広告
カテゴリー: ニュース記事2010年 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中