マスーアの入植者とイスラエル軍がアブー・アラジャージュ村を攻撃し、外国人支援者を逮捕

2010年11月2日(火)

先週日曜日、10月31日、ヨルダン渓谷の入植者は、パレスチナ人の土地をさらに奪うためのフェンスを建設するため、アブー・アラジャージュ村を攻撃した。

日曜日の朝、入植者がアブー・アラジャージュの村の周囲にフェンスを建てに再びやって来た。彼らは多くのイスラエル軍兵士と警察官を伴っていた。

様々な国から来た支援者が、イスラエルの入植者や兵士による暴力を外部に伝えるため、また、パレスチナ人コミュニティーをイスラエルの暴力から守るために、数日前からアブー・アラジャージュ村に滞在していた。

大人数の入植者たちは、フェンスの建設によって村からさらに土地を奪おうとしており、そのことによって、村は主要道路へのアクセスを失ってしまう。

入植者と兵士らがパレスチナ人の暮らす土地の周囲にフェンスを建設するのを阻止しようとして、2人のパレスチナ人女性が負傷し、2人の外国人支援者が逮捕された。

広告
カテゴリー: ニュース記事2010年 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中