ヨルダン渓谷・友好と交流の家

2010年12月17日(金)

私たちの歴史と文化を生きさせ続けよう。

Photobucket
(クリックすると他の写真も見れます)

ジフトリック村にある友好交流の家は、オスマン帝国時代からある、ヨルダン渓谷における最も古い建物である。この建物が修復されたことは、渓谷における何世代にもわたるパレスチナ人の遺産にとって祝福すべきことである。

私たちは、10ヶ月をかけて、完全に伝統的な建築手法―泥レンガの壁、藁と粘土を用いたドーム型の屋根、木製のアーチ型ドアと窓―を用いてこの家を再建した。石と泥で作った椅子や泥レンガのかまどなど、内装・外装ともに新しくした。

また、台所や浴室、電気・水道も使えるようにした。
このことによって、私たちは次のようなことができるようになる:

・地域のパレスチナ人や連帯訪問している外国人への食事の提供
・ヨルダン渓谷連帯委員会や関係する諸コミュニティに関係する情報・資料の収集
・会議やワークショップの開催
・ヨルダン渓谷での滞在(1日、数週間、あるいは数ヶ月)を望む支持者への拠点の提供

私たちのモットーである「存在こそが抵抗」の精神にもとづき、この建物の修復作業は、泥レンガを使った建築法のトレーニングの場を提供し、渓谷の諸コミュニティによる協働の機会を提供し、また、イスラエルによる私たちの土地の違法占領に対する直接的な挑戦を象徴するものである。

私たちは、このプロジェクトについて私たちと共に働いた全ての外国人ボランティアに感謝する。

私たちは、イギリス・ブライトンにあるクウェイカー・友好と交流の家と私たちの建物とを姉妹提携した。ブライトンの交流の家は、2006年以来、私たちが共に活動をしているブライトン・ヨルダン渓谷連帯グループの拠点となっている。

原文:Jordan Valley Friends Meeting House

広告
カテゴリー: ニュース記事2010年 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中