緊急!ヨルダン渓谷連帯委員会の「連帯学校」のための資金援助を!

2011年6月5日(土)

資金が底をついて、ついにヨルダン渓谷連帯委員会の「連帯学校」は運営休止となった。

私たちは現在、エイン・イル・ヒルウェ村とラス・アル・オージャ村、メクール村の、3つのテント学校プロジェクトを行っており、100人以上の子どもたちと10人の先生を擁している。

学校は、資金不足のため夏休みを早々にとらなければならなかった。先生の交通費や、給食の費用を支払うことができないでいるのだ。この学校はボランティアにより建てられ運営されてきた。そして資金のほとんどが、寄付である。

私たちはこれらの学校で3週間後に授業を再開したいと望んでいる。

できるだけ早く学校が再開するために、私たちは国際連帯の活動家に、できる範囲でいいので寄付をしてもらえるように呼びかけている。

連帯学校について、もっとお知りになりたい方はこちらへ

原文:Urgent : funding needed for JVS solidarity schools

広告
カテゴリー: ニュース記事2011年 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中