ファサイル村での家屋破壊

2011年6月14日(火)(最終更新6月21日)

2011年6月14日、植民地者であるイスラエル軍は、パレスチナの南部ヨルダン渓谷のファサイル村で建物21棟を破壊した。

この日の朝午後6時、約10台のジープと行政当局の車1台、そして3台のブルドーザーがファサイル・ウスタとフォカに侵入したうえで、一帯を軍事封鎖区域に宣告し、3時間以上、誰一人として村に入れることを許さなかった。

イスラエル軍は、家屋18棟、3つの家畜小屋を取り壊し、103人に家を失わせ、3家族の生活手段を破壊した。


建物の持ち主は、以下の方々である。
カイド・アタッラ・サラメ
ウセイン・ヤシン・ モッサ ・ロシェイド
カデール・ヤシン・ モッサ ・ロシェイド
アベド・ヤシン・ モッサ ・ロシェイド
クアレド・アブダッラー・アリ・グアザル
アンマール・ モッサ ・アリ・オデフ
ナーセル・モッサ・アリ・オデフ
サミ・モッサ・アリ・オデフ
アリ・ウセイン・ハッサン・ザイド
ナジーフ・アリ・ウセイン・ザイド
オマール・モハンマド・クアリル・タームリ
オマール・タームリ以外のすべての人が、3ヶ月前に家屋破壊命令を受けた。

複数のイスラエル兵が、タームリさんの妻と娘に殴り掛かり、二人に暴力を振るった。

さらに、軍は、ファサイル・ウスタ地区に電気を供給している電線を切断した。現在、住民は、まったく電気を利用できないでいる。

家屋破壊を受ける2週間前のファサイル・ウスタ。トメール入植地が背景に見える。(写真:AFPS44)

AnnePaq’s blog で別の写真をもっと見ることができる。

原文:Home demolitions in Fasayel

広告
カテゴリー: ニュース記事2011年, 動画 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中