イスラエル軍がファサーイル・ウスタ村で家屋破壊

2012年5月24日(木)

午前7時、イスラエル軍は、中ファサーイル村にあるラシャーイデ家の2軒の家屋および家畜小屋を破壊した。村に来たのは、3台の軍用ジープと2台の警察車両、1台の市民行政局の車、そして1台のブルドーザーで、村の中の合計6軒の建築物を破壊した。

破壊された家屋は、アベド・ヤーシーン・ラシャーディエと彼の兄弟であるハッサーン・ヤーシーン・ラシャーディエが所有していた。あわせて20名の家族が家を失った。イスラエル軍は、最近建てられた二つの新しい家畜小屋についても破壊命令を出した。

イスラエル軍は村全体に対して土地から立ち去るよう命じてきた。しかし、今は、ラシャーディエ家を特にターゲットにしている。彼らの家は、2011年6月以降、4度にわたって破壊されている。

中ファサーイル村では、村の敷地内を水道と電線が通っているにも関わらず、それらを利用することが禁じられている。

今年3月の家屋破壊についての報告はこちら

この日の破壊の写真はこちら

原文:IOF destroying homes in Fasayil al-Wusta

カテゴリー: ニュース記事2012年 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中