ヨルダン渓谷をサイクリング中の外国人活動家とパレスチナ人をイスラエル軍が襲撃

2012年4月15日(土)

International Solidarity Movement, West Bank by Joseph and Emiliano

自転車に乗って、ルート90(ヨルダン渓谷を南北に貫く主要幹線道路)を走破しようとしていたパレスチナ人と外国人活動家が、土曜日、イスラエル占領軍からひどい暴力で攻撃された。彼らは、サイクリングを通じて、ヨルダン渓谷におけるイスラエルのアパルトヘイト政策に反対するデモンストレーションをおこなっていたところだった。渓谷の先住民であるベドウィン・コミュニティーへの継続的な民族浄化作戦の一環として、イスラエルは、パレスチナ人に、道路の利用を制限している。


 
パレスチナおよび世界中から集まった100人以上の活動家が、この、シャレク・ユース・フォーラム(Sharek Youth Forum)によって組織された、サイクリング抗議行動に参加した。参加者は、約5キロメートルを走ったところで、ルート90の入り口で待ち構えていたイスラエル占領軍の兵士とジープに阻止された。兵士たちは、「あなた方の安全のため」走行の継続は認められない、と自転車に乗った活動家たちに通知した。活動家たちが、そのまま静かに進もうとしたとき、占領軍地域指揮官が、ライフルを振り回して複数の活動家の頭を殴った。そのおかげで、3人の活動家病院で手当を受け、スウェーデン出身の1人の男性が拘束された。

ヨルダン渓谷の南北主要幹線道路である、ルート90を利用するパレスチナ人ドライバーは、イスラエル入植者と兵士から日常的に嫌がらせと攻撃を受けている。自動車や自転車に乗るパレスチナ人は、頻繁に停止させられ、理由もなく取り調べを受ける。そして、イスラエル人なら自由に行き来ができるのに、パレスチナ人は、いくつかの場所では、道を横切ることさえ禁止されるのである。

ヨルダン渓谷は、そこに住むパレスチナ人に向けられた、イスラエルの組織的な民族浄化作戦に直面している。家屋破壊が頻繁に引き起こされ、そして、イスラエル人は、今もなお、渓谷の土地と水の大部分を盗み取っている。盗み取った土地で栽培される果物や野菜は、その大部分がヨーロッパや北米に輸出されている。サイクリング・デモは、デモンストレーションと催しの日の企画のひとつで、ほかに各村への訪問や、若者のパフォーマンス、スピーチなども含まれていた。これらイベントの目的は、「ヨルダン渓谷の住民とパレスチナ人は、自分たちの土地を違法な占領者に譲り渡すことを拒み、これからもこの土地で抵抗し続け、生き続ける」というメッセージを、世界と占領軍に送ることである。

原文:Army attacks Internationals and Palestinians on Jordan Valley bike ride

カテゴリー: ニュース記事2012年 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中