太陽の力で料理をする

2012年5月13日(土)

ヨルダン渓谷のパレスチナ人は、長年、天然資源を奪いとられ、ほとんどの家庭が料理をするために割高なガスにたよっている。その渓谷の猛烈な暑さの中で、われわれは、日常的な資材を利用して、太陽エネルギーを活用する方法を試している。

一番最近発明したものは、段ボール箱とキッチンフォイル、ガラス板だけでできた、ソーラーオーブンである。

どのような仕組みなのか教えてもらうため、新しく入ったボランティアの1人にインタビューをおこなった。

どうやってこのオーブンを作ったのですか?

「2個の段ボール箱を使いました。一方のほうが大きくて、大きいほうの中に小さいほうを入れ、2つの段ボール箱を分離しておくためにそのすき間に紙を挟み込みました。小さい箱にキッチンフォイルを貼りつけ、そこにまた段ボール箱とガラス板を使って、カバーを取り付けました。こうすると太陽光が入り込み、箱の中に熱を溜め込みます。カバーにもキッチンフォイルをつけました。これなら、太陽の位置に応じてカバーの角度を変えて、目いっぱい太陽光を箱の中に向けることができます。箱の底には黒いシートを貼りました。」

これでどんな料理ができますか?

「たいていは野菜を調理します。ゆっくり焼くのと蒸すのとを同時にする感じです。最初は、トマトをただ半分に切り、トレイに置いて、こしょうをきかせたタマネギを添え、塩、ザタール、こしょう、オリーブオイルで味付けしました。5、6時間後、たいへんおいしい夕食ができました。一番おいしかったのは、ズッキーニ入りのものです。ズッキーニを半分に切り、中身をスプーンでくり抜き、ミックスベジタブル(トマト、アボカド、タマネギ、ズッキーニの中身、塩、ザタール、こしょう)を詰め込んだ料理です。」

どこに食材を置くんですか?

「食材はトレイか鍋に入れます。ちょうどオーブンと同じように使います。トレイか鍋を箱の中に入れ、蓋を閉めて、中に太陽が当たるようにします。1時間ごとに確認して、太陽のほうに向きを変える必要があります。でも、熱が逃げるので、箱を開けてはいけません。調理できたときには、トレイはとても熱くなっています。料理を取り出すのがすごくたいへんで、なにかつかめるものを使わなくてはならないぐらいなんです!本当にすごいんですよ!」

段ボール箱はなぜ燃えないんですか?

「太陽光で何かを燃やそうとするなら、虫眼鏡を使って太陽光を小さい一点にあつめなければなりません。その点が熱くなって火がつきます。しかし、このオーブンでは、光を通すだけの普通のガラス板を使っているだけです。段ボール全体が、キッチンフォイルで覆われているので、太陽光は反射して、箱の真ん中にあるトレイと黒いシートに当たります。」

ボランティアの人たちは、いつもこれで料理をしているんですか?

「使いたければいつでも使えます。通常、朝9時頃に食材を入れて、午後遅くに取り出します。朝の日差しのほうが強いんです。だから、食材を2時までに準備したとしても、午後の間だけで調理できませんから、それをオーブンに入れるのは無駄ですね。」

このアイディアを各地域のコミュニティーで共有したいと思っていますか?

「ワークショップを各コミュニティーでおこなって、住民の方に作り方を教えることも考えています。たぶんバイオガス発酵プラントとくっつけて。とてもわかりやすく簡単、ほとんどただで、子どもでも作れます。」

「ソーラーオーブンの利用は、基本的に、段ボール箱やガラス板などの廃棄資材と、太陽の無料エネルギーを使うだけなので、料理の持続可能な方法と言えます。ヨルダン渓谷の気候は、曇りの日がほとんどなく、夏の間は本当に暑くなるので、これにぴったりです。」

「ヨルダン渓谷の自然環境は、パレスチナのどこもそうですが、水の過剰抽出、産業型大規模農業、環境を破壊し汚染を生み出す産業の西岸入植地への移転、古くからあるオリーブ林の破壊、松のような土着でない樹木の大量の植樹などによって、破壊され続けています。」

「われわれの世界を壊すこの破壊に立ち向かうことは、パレスチナ人の生活を支配しようとするイスラエルの占領に挑んでいくことの一部となっています。」

「たいへん安くつく、あるいは無料の資源を利用したかたちで、生活を持続させる方法を見つけるれば、住民が、自分の家と彼らのコミュニティーにとどまる手段を得ることになります。これは、私たちのスローガンである「存在することは、抵抗すること (To exist is to resist.)」の実践のひとつです。」

原文:Cooking with Solar power

広告
カテゴリー: ニュース記事2012年 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中