さらなる追放とさらなる焦土

2013年4月25日

2013年4月24日、占領軍はキルベット・サムラにある牧草地の数十ドゥナム(1ドゥナム=1000平方メートル)を焼き、北部ヨルダン渓谷の三つのベドウィン・コミュニティに退去命令を出した。

昨日、軍はパレスチナの人びとがそこで牧草を食べさせに、家畜を連れてくるのを直接妨害するために、数十ドゥナムの牧草地に火を付けた。

これらの命令はエイン・イル・ヒルウェ、アル・マーリハそしてキルベット・サムラのコミュニティに出され、おおよそ600人に影響を及ぼした。

2013年4月29日、軍の命令により、その家族は10~24時間の期間、彼らの家およびその周囲の地域から立ち去ることを強いられる。影響を受ける全ての人びとは、この間、彼らの土地から遠く数キロ離れることも我慢しなければならず、彼らの多くは、野外でしばしば幼児とともに眠ることを強いられる。

彼らが帰ることを許されるかどうか、あるいは、軍が彼らの不在のうちに彼らの土地と所有物をどのように取り扱うか誰も本当のことはわからない。

軍がこの避難のために与えている想定される理由は、彼らの土地が軍事訓練のために必要とされるということである。周りの入植者たちに同様の「必要な」避難手続きを要請しないにもかかわらず、コミュニティの人びとが留まることは危険だとされる。これは占領軍が彼らの土地から外へ押し出すために、繰り返し使用する多くの方法の一つである。

ヨルダン渓谷の56%はイスラエルによって軍事地域と考えられている。この地域の大部分には、入植者と軍から日々の嫌がらせに直面しているパレスチナコミュニティの人びとが住んでいる。

原文:Yet Another Evacuation, and Ever More Scorched Lands

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中