アル・オージャでの自由劇場のピエロ

2013年10月16日

ラース・アル・オージャの子どもたちは、遊戯施設も学校もないおよそ100世帯のベドウィンのコミュニティに暮らしている。子どもたちは、おもちゃをほとんど持っていないし、少ししか休息がない。それは占領下にある生活の実体からきている。過酷な占領は子どもたちとその家族に土地、水そして電気へのアクセスを拒否しているのだ。

アル・オージャ、2013年10月16日

今日、ヨルダン渓谷連帯委員会とフリーダムバス劇場がLeapin Louieコメディーショーの訪問を主催した時、かれらは子供でいる機会を与えられた。

アル・オージャ、2013年10月16日

アル・オージャ、2013年10月16日

アル・オージャ、2013年10月16日

原文:Freedom Theatre Clowns in Al Auja

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中