パレスチナ・ヨルダン渓谷訪問日誌(2)

-住む権利、教育を受ける権利、医療を受ける権利を考える旅-

投稿日: 2010年6月13日 作成者: jvsj

_
パレスチナ・ヨルダン渓谷を再訪しました。訪問日誌その2をお届けします。滞在先では、同委員会のコーディネーターであるファトヒ・ク デイラートさんの出身地であるバルダラ村、1948年に難民となったズベイダット一族からなるズベイダット村、地図上には記されていないバッサリヤで民泊 させてもらいながら、毎日、渓谷の村々を回りました。ここでは、バルダラ村、アイン・アル・ベイダ村、ジフトリック村の状況について報告します。

【バルダラ村】
オスロ合意上、B地区(行政権はパレスチナ側が、治安権はイスラエル側が有している地区)に指定されているバルダラ村(ヨルダン渓谷北部の第一次中東戦争 の停戦ラインのすぐ近くにある村。人口約1600人)の入り口には、「市民へ:イスラエル市民の入村は、この地区のイスラエル軍の司令官の命令によって禁 止されている」と書かれた看板が建てられています(下の写真、09年12月28日撮影)。

95%以上の土地がイスラエルに収奪されているヨルダン渓谷。ここでいう「市民」(看板のスペルは、Citzenとなっていますが)とは、当然なが ら「イスラエル人」のことを指しています。占領下においているパレスチナ人を「市民」と表記するはずもないですし、そもそも「市民」として考えることもな いからこそ、イスラエルは家屋破壊や移動の自由の制限等、挙げていけばきりがないほどの人権侵害の数々をパレスチナ人に行ってきたのです。

バルダラ村のなかには、入植地用の水をくみ上げるためのイスラエルの国営水会社「メコロット社」の井戸が3本も作られています(下の写真、2009年12月27日撮影)。
その1本がここで示す写真のものです。まわりは鉄条網に囲まれています。もともとバルダラ村には村民のために3本の井戸がありました。しかし、1970年 代に村民の井戸に比べると約10倍もの深さでイスラエルの井戸が掘られたことにより、村民の井戸の取水量が大幅に減ってしまいました。それだけでなく、イ スラエル軍によって井戸の整備が意図的に妨害されたために、井戸を使うことができなくなったのです。村民はイスラエルの水会社(主にはメコロット社から) から少量の水を供給される形で生活しています。バルダラ村の住民の多くは農業に従事しており(90%以上)、水がなければ家族の生活の糧を得ることはでき ません。しかし、給水量が大幅に制限されているため、農民たちは栽培する量を減らさざるを得ませんでした。また、水撒きの回数が少なくとも育つような作物 を育てる等の工夫をしながら、農業を続けてきたのです。どこの家も同じ作物を栽培することになるため、出荷時の価格にまで影響が出るようになりました。

バルダラ村の農民は畑だけでなく、羊や牛なども飼養しています。朝になると、ロバに乗った羊飼いや牛飼いが家畜の群れを率いて放牧に出かける姿を目にします(下の写真 2009年12月28日撮影)。
これらの家畜は、食用の肉として販売されるだけでなく、チーズやヨーグルトなどの乳製品の原材料を産み出してくれます。グリーンライン上に設置されている イスラエルの検問所(バルダラ検問所)の通過が難しいため、バルダラ村の生産物(農作物、肉類、乳製品等)の多くは、ヨルダン川西岸地区内のパレスチナ人 の市場に出荷されているそうです。グリーンラインのすぐ外にはイスラエル国籍を有するパレスチナ人が住んでおり、これらの人々の多くはハラル・ミートを必 要としていますが、近距離に住んでいるバルダラ村の農民たちは検問所があるために、これらの人々への生産物を販売できずにいるのです。

ヨルダン渓谷連帯委員会のメンバーは、バルダラ村の子どもたちのために、畑の横にわずかに残っているスペースを使って、公園づくりの作業も行ってい ました(下の写真 2010年1月4日撮影)。完成すると、子どもたちは滑り台やブランコを楽しむことができるようになります。作業の途中にもかかわら ず、子どもたちが集まって大騒ぎをしていました。訪問から2ヵ月近くが経過した現在では、子どもたちがたまにはケンカもしながらも、楽しそうに遊んでいる ことでしょう。

あるパレスチナ人の家の壁には、ヨルダン渓谷連帯委員会のスローガン「存在することは抵抗すること」をアラビア語と英語で記したシールが貼られてい ました。このシールは、後に世話になるバッサリアのパレスチナ人宅でも何枚も目にしました(下の写真)。はがきサイズにも満たない小さなシールですが、デ ザインとして使われているアザミの花は苛酷な状況下に住む住民たちの強い意志を表しているように思え、見かけると少しだけ嬉しくなりました。

【アイン・アル・ベイダ村】
アイン・アル・ベイダ村(人口約1200人)はバルダラ村からほんの少し南下したところにあるB地区の村です。土地の多くがイスラエルの入植地用に接収さ れた上に、残っている土地(=現在の村)は入植地の畑やバナナのプランテーションにぐるりと囲まれています。土地の収奪によって自作農を続けることができ なくなったたために、入植地の畑で働かざるを得なくなった農民も多数います。イスラエルの入植者は通常、周囲の村に住んでいるパレスチナ人を雇いたがらな いのですが、アイン・アル・ベイダ村を囲んでいる入植地の畑で話を聞かせてくれた農民たち(下の写真 2009年12月28日撮影)は全員、この村とバルダラ村出身でした。農民たちは朝6時から夜9時まで働いて(なかには短時間労働の農民もいます)、一日 あたり100シュケルほど(約2400円。少ないときは60シュケル)の賃金しかもらえないとのことでした。途中でわずか30分ほどの昼食時間が入ります が、あとは休憩時間もないそうです。雇用にあたり、雇用主との間で仕事中に負傷をしても保険や補償を求めないことを約束した文書を交わすように言われま す。すなわち、労働者としての権利を自ら放棄することを求められるということなのです。このように無保険・無補償で働かされているために、仕事中に負傷し ても自分たちでパレスチナの救急車を呼ぶしかなく、また医療費は自費払いとなるのです。

【ジフトリック村】
C地区(行政権、治安権ともにイスラエル側が掌握している地区)に指定されているジフトリック村(人口約3700人)はヨルダン渓谷最大の村です。この村 は入植地、イスラエル軍の基地、軍事閉鎖地区、検問所等に囲まれています。入植地やイスラエル軍の基地などはこの村の住民から奪った土地に作られたもので す。住民のなかには、上記の二つの村と同じく、入植地の畑で働いている人々もいます。占領下で土地を奪われることがなければ、自分の畑で農業をして生計を たてるところですが、他に仕事を見つけるのも困難ななかでそうでもしなければ生活が成り立たないのです。

B地区のバルダラ村やアイン・アル・ベイダ村とは違い、ジフトリック村は住居・学校・クリニックにいたるまでイスラエルの許可なしには建てることが できないため、住民たちは非常に厳しい住環境を強いられています。許可なしに家を建築・改築・増築するとイスラエル軍に破壊されてしまうため、人々はぼろ ぼろになった住居に住み続けてきました。また、婚姻などによって実家から独立してもきちんとした家を建てられないため、畑の横にトタンやプラスチックの シートで補強した小さな「小屋」のような家を建て、そこで暮らさざるを得ない状況に置かれています(下の写真1 2009年12月29日撮影、同2 2009年12月28日撮影)。プラスチックシートやトタンで作った住居は家として見なされず、許可なくとも破壊されないそうですが、コンクリートで建築 すると、住居として見なされ、許可がない場合、破壊対象となります。もちろん建築許可が発行されることはほとんどありません。プラスチックシートやトタン は傷みが早いため、繰り返し補強しなければならず、そのためのコストもずいぶんかかります。

電気や水が通っている家に住んでいる人々は住民のわずか25%にすぎません。これらの水道管や電線もオスロ合意以前に作られたもので痛んでいます が、イスラエルから許可をもらえないため、整備できずにいます。村を案内してくれたヨルダン渓谷連帯委員会のメンバーであるランダさんの家にはイスラエル の会社が供給する電気が流れていますが、供給量が少ないためにパワーが弱く、複数の電化用品を同時に使うことができないそうです。また、彼女の家には水道 が通っていないため、イスラエルの水会社が週に3回運んでくる水を家に備え付けてあるタンクに保存して使っていますが、量が少ない上に料金が高いので節約 しながら使っているとのことでした。

ヨルダン渓谷連帯委員会は、特にC地区に住む住民の住環境を改善するために、クリニックや学校などの建築や住居の再建・改築のための活動を行ってき ました。破壊されるかもしれないけれど、自分の土地に住む権利を行使し、人間らしい生活を営むために家や学校を建てるのです。C地区であるジフトリック村 やファサイル村は同委員会が力を入れてコミュニティワークを行っています。クリニックや幼稚園も出来上がりました。クリニックには医者が一人常駐していま す。週に2回、女性医師が他地域からやってくるそうです。また2年前に古い住居を改築して作られた幼稚園には、30人の幼児が通っています。調査中に同委 員会の活動によって改築された家をいくつか訪ね、住人から話を聞くことができました(下の写真1 2009年12月29日撮影、同2 2009年12月29日撮影)。少しずつですが再建プロジェクトが進んでいるのが分かります。

話を聞かせてもらった住民の一人のジャマルさんは、建築許可がないことを理由に3回も自宅を破壊されたそうですが、再建することで抵抗し続けてきま した。ジャマルさんの最後の話のなかにも、スローガン「存在することは抵抗すること」が出てきました。バルダラ村、アイン・アル・ベイダ村、ジフトリック 村・・・。ヨルダン渓谷のどの村に行っても、それを実践し続けている人々に出会います。

カテゴリー: ニュース記事2009年, 訪問日誌   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中